保険金受取人


生命保険の保険金受取人についての説明 保険金受取人とは、生命保険を契約した保険契約者が指定した「保険金(満期保険金・年金・死亡保険金)を受け取る人」のことで、具体的にはご主人が契約者で被保険者の場合、死亡保険などの場合は、妻または子供が指定されていることが多く、医療保険個人年金保険の場合は、契約者であって被保険者でもあるご主人本人が保険金受取人になっていることが多いようです。

またこの保険金受取人は、“1人”ではなく、複数指定することもでき、被保険者の同意を得れば、契約後途中変更することが可能す。