高度先進医療特約


高度先進医療特約とは、公的医療保険制度の対象外となる、厚生労働大臣が認可した高度先進医療にあたる治療を受けた場合に、治療の種類に応じた給付金が保険会社から支払われる特約のことです。

遺伝子治療高度先進医療のうち、一般的な診療と共通する診察料や検査料、入院費などの部分は社会保険(健康保険・共済組合・厚生年金保険など)から給付されます。

※ 高度先進医療とは、「高度な医療設備をもつ医療機関(大学病院や専門医院など)でしか受けることのできない先進医療」のことで、厚生労働大臣の承認を受けたものをいいます。

生体肝移植具体的には「遺伝子治療」「人口内耳」「生体肝移植」などのことで、これらの中でも、一般の医療機関でも行われるようになったものは高度先進医療の枠から外され、通常の保険診療に移されていきます。