養老保険


養老保険は老後のタメの保険ともいえる 養老保険とは、定期保険と同じく、一定期間(10年間とか60歳までなど)と期間を定めて死亡、または高度障害を保障するのですが、定期保険と異なり掛け捨てではないので、満期になったとしても死亡保険と同額の満期保険金が支払われる生命保険、いわゆる生死混合保険です。

具体的には、満期で1000万円という契約をしていた場合、100万円しか保険料を払っていない場合に死亡したとしても1000万円が支払われますし、満期時に生存していた場合には1000万円の満期保険金が支払われます。

-養老保険の特徴-
・保険期間が基本的に長い
・年齢による保険料の格差はほとんどない
・低金利の時は不利だが、高金利の時は有利
・法人契約では従業員の退職金目的に契約することが多い

養老保険は生命保険というより金融商品の色合いが濃いのですが、銀行などの預金商品とは違い、契約後短期間で解約すると支払った保険料総額よりも解約返戻金(解約払い戻し金)が少なくなってしまいますので(元本割れ)、満期まで継続する必要性が高くなります。

また養老保険の保険料は近年何度も上がり、保険料の総額が満期保険金を上回っている場合もあるので注意しましょう。

貯蓄性のある養老保険 -養老保険のメリット-
・死亡保障とほぼ同額の満期保険金が支払われる
・貯蓄性がある(積立て保険とも呼ばれています)
・解約返戻金が定期保険、終身保険に比べても高額

死亡保険のほうに重点を起きたい場合は定期付養老保険などもあり、10倍型養老保険などでは、その名の通り死亡保険金が満期保険金の10倍受け取れる定期付養老保険のことです。

-養老保険のデメリット-
・定期保険に比べ保険料がかなり割高

-養老保険をおすすめしたい人-
・遺族の保障と満期保険金のどちらも充実させたい人

養老保険は死亡保障だけでなく、満期保険金も支払われることから、「老後の生活を養う保険」、ということから養老保険と呼ばれているのです。



生命保険見直しは専門家に相談

生命保険ドットコムは、全国のFPに無料で生命保険選びの相談ができる♪