三大疾病特約


がん・心筋梗塞・脳卒中」と診断された場合に保険金が支払われる三大疾病特約 三大疾病特約とは、「がん・心筋梗塞(急性心筋梗塞・再発性心筋梗塞)・脳卒中(くも膜下出血・脳内出血・脳梗塞)」のいわゆる三大疾病と診断され、一定の状態になった場合に限り、生存中に保険会社から死亡保険金と同額の特定疾病保険金が保険会社から支払われる特約のことで、これら三大疾病以外で死亡した場合には死亡保険金が支払われます(三大疾病保障保険の特約版です)。

保険会社によっては特定疾病保障定期保険特約とも呼ばれています。