退院特約


退院したときに保険金が支払われる退院特約 退院特約とは、ケガや病気で入院給付金の支払い対象となる入院をした後、生きたまま退院すると保険会社から退院給付金が支払われる特約のことで、死亡による退院は支払いの対象になりません(通院したときに通院給付金が支払われるのは通院特約)。

また、保険会社によっては、所定の日帰り手術を受けたときにも退院給付金が支払われる場合もあり、退院給付特約、疾病退院後療養特約とも呼ばれています。