特定疾病保障保険


オリックス生命保険の特定疾病保障保険は、高額になりがちな「ガン・急性心筋梗塞・脳卒中」の治療費をカバー、ニーズに合わせて「定期型」と「終身型」から選べます。

-特定疾病保障保険の特徴-
がんと診断された場合、急性心筋梗塞、脳卒中で所定の状態になられた場合は保険金をお支払いします。

※ 所定の状態とは、急性心筋梗塞で60日以上の労働制限、脳卒中で60日以上後遺症が継続したと診断された状態をさします。

死亡されたとき、または所定の高度障害状態になられた場合は保険金をお支払いします。

「定期型」と「終身型」をご用意。ニーズに合わせてお選びいただけます。

不慮の事故により所定の身体障害状態になられた場合は、将来の保険料の払い込が免除!

※がんによる特定疾病保険金については責任開始日からその日を含めて91日目から保障を開始します。また、上皮内がん、皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がんは保障の対象とはなりません。

-選べる主な特約-
年金支払特約
保険金をお支払いする場合、その全部または一部を年金の形でお支払いします。