終身ガン保険


アリコの終身ガン保険は、 ガン診断・ガン入院・ガン手術の保障はもちろん、きめ細やかな保障が生涯続く保険です。

-終身ガン保険の特徴-
・ガン(悪性新生物・上皮内新生物)と診断されたら、何回でも、一括して診断給付金をお支払いします。
悪性新生物診断給付金と上皮内新生物診断給付金は、それぞれに2年に1回のお支払いが限度です。
上皮内新生物の治療後に悪性新生物と診断された場合、2年経過していなくても診断給付金をお支払いします。
※悪性新生物診断給付金については、初回は悪性新生物と診断確定されたとき、2回目以後は、2年経過後に悪性新生物の治療を目的として入院開始されたときにお支払いします。

・ガンの治療のための入院・手術・通院を保障します。
ガン(悪性新生物)で入院後、退院されたら、半年ごとに最長5年間、ガン健康回復給付金をお支払いします。

・ガン(悪性新生物)と診断されたとき、その後の保険料の払込みが生涯にわたり免除されます。(終身ガン保険料払込免除特約)

解約返戻金(解約払い戻し金)を無くすことにより、お手頃な保険料での終身保障を実現しました。

・ガンで余命6ヵ月以内と判断されたとき、ガン・ターミナルケア保険金をお支払いします。(オプションのガン死亡保障を付加された場合)

※この保険でお支払いの対象となる疾病(ガン)は悪性新生物および上皮内新生物です。
ただし、ガン健康回復給付金のお支払いおよび保険料払込免除につきましては、上皮内新生物(大腸の粘膜内ガン、子宮頸(部)の上皮内ガン等)は対象となりません。

※ガンについての保障は、保険期間の始期よりその日を含めて91日目(責任開始日)からとなります。