病気の人は生命保険に加入できないの?


病気を患っている人が生命保険加入できるかについての説明 現在病気を患っている人は、生命保険の種類によっては当然、加入できない場合がありますし、加入できたとしても保険料が高くなったり、保険金の支払い条件が厳しくなることが予想されます(契約時から一定期間内は保険金を支払わない、特定の病気については保険金を支払わないなど)。

生命保険は多数の保険契約者から保険料を集めて、保険事故があった場合にそこから支払われますので、病気になったり、死亡する確率が高い人と、そうでない人が同じ保険料では公平性が損なわれますので当然です。

また、現在病気を患っていなくても、過去に何らかの病気を患ったことがある場合にも、同様に保険料が高くなったり、保険金の支払条件が厳しくなりますので、事前に確認しておきましょう。

生命保険に加入する場合は基本的に、現在の健康状態や職業などを告知する、いわゆる告知義務があるのですが、ここで生命保険に加入したいからといって病気であることを隠したり、職業を偽ったりすると、保険金が支払われなかったり、契約を解除されることもありますので注意しましょう。

しかしいまでは、いわゆる「医師の診査や告知の必要がない保険」もありますので、これらの生命保険を検討してみてもいいかもしれません。もちろんこられの生命保険は、保険料が高かったり、保険金支払いの条件が限られている場合がほとんどですので、必ず事前に確認して、納得してから加入することが大切です。