加入している生命保険会社が破綻したらどうなるの?


保険会社が破綻してしまった場合についての説明 加入している生命保険会社が破綻してしまっても、いままで払い込んだ保険料や保障は生命保険契約者保護機構によって保護されます。しかし保護されるのは破綻時の責任準備金の9割までで、保険金満期保険金解約返戻金(解約払い戻し金)などについては、契約した金額に対して9割までが補償されます。

しかし、1割は保障されませんし、予定利率が引き下げられることもありますので、契約者にとっては大きな影響を受けることにもなりかねませんので、生命保険に加入する場合は慎重に保険会社を見極めることも大切です。

また、日本国内で生命保険の事業を行うすべての保険会社が、この生命保険契約者保護機構に加入していますが、JA共済などは対象外となっています。