がん保険


がんになったら保険金が受け取れるガン保険 がん保険とは医療保険の一種で、その名の通り日本人の死亡原因の第一位である“ガン(悪性腫瘍)”と診断された場合に限り、それ以降の入院・手術・退院・通院費用すべてにおいて保障するという、いわゆる第三分野の保険です。

また最近ではガンと診断されたときや(がん診断給付金)、ガンが再発した場合でも保証するがん保険が増えています。

ガン保険の場合、
“契約後91日目(責任開始日)から保障が発生”しますので(三大疾病保障保険のガンに関する部分も同様)、それ以前にがんと診断されていた場合には、本人または家族がその事実を知っている、いないに係わらずそのガン保険は無効となります。

-がん保険の特徴-
・ガン保険の保障が始まるのは保険契約後91日目から
・ガン保険の入院給付金は無制限で、支払い日数に制限がない

がん保険は各保険会社によっても多少の違いはありますが、「診断給付金」「入院給付金」「手術給付金」「療養給付金」「死亡給付金」などから構成され、定期タイプと終身タイプに分類されます。

定期タイプ
定期タイプは、決めておいた保険期間内にガンと診断された場合に限って、入院給付金や手術給付金が保険会社から支払われ、さらに更新タイプだと保険期間満了時に、医師の診断・告知なしで自動更新され、自動継続されます(自動更新時に保険料が見直されます)

終身タイプ
終身タイプは、ガンと診断された場合には一生涯、入院給付金や手術給付金が保険会社から支払われ、保険料は全期間一定ですが、もちろん定期タイプよりも保険料は割高になります。

また近年では、保険料の払込みを一定年齢(60歳など)で終了しながら、一生涯保障が受けられるガン保険もでてきています。

ガン保険の入院給付金は無制限 -がん保険のメリット-
・保障する病気をガンと限定しているので保険料は医療保険よりも割安
・日数に制限のある医療保険とは異なり、入院給付金は支払い日数が無制限なので、安心して長期入院や、入退院を繰り返すことができる

-がん保険のデメリット-
・過去にガンと診断された人は加入できない
・保険の内容によってはガンの種類が限定されていることもある
・契約後91日目からでないと保障は発生しない
・死亡保険金は一般的に少ない

がん保険は、基本的にはどのようなガンでも保障される場合が多いのですが、保険会社や契約内容によっては、「上皮内ガン」「皮膚ガン」などは、対象となっていない場合もありますので、契約内容には注意しましょう。

-がん保険をおすすめしたい人-
・家系にがんの人がいる

ガン保険は、がんが再発した場合には何度でも診断給付金が受け取れるものと、1回に限るなど、各保険会社によってかなり内容が違ってきますので、加入前によく確認し、比較検討することが大切です。



生命保険見直しは専門家に相談

生命保険ドットコムは、全国のFPに無料で生命保険選びの相談ができる♪