学資保険(子供保険)


こども保険や学資保険など保険会社によって名称が異なる 学資保険(子供保険)とは、将来子供が高校や大学進学の時に必要となる入学資金や授業料等の教育資金を準備するための、貯蓄を目的とした生命保険の一種です。

具体的には被保険者(子供)が15歳や18歳など一定の年齢に達すると満期保険金が保険会社から支払われたり、小学校・中学校・高校・大学の入学時にお祝い金が支払われるタイプも多いようです。

また、契約者(親)が保険期間中に死亡または一定(重度)の障害になった場合にはそれ以降の保険料が免除されたり、子供が死亡した場合には死亡給付金が支払われるタイプもあります。

-学資保険と子供保険の違いは?-
学資保険は主に教育資金を準備するための積立金という意味合いが強いのですが、子供保険は子供が病気やケガをしてしまった場合の医療費(治療費)に重きを置いている保険です。しかし実際には保険会社によって内容がかなり違うため、今のところ学資保険と子供保険は同じと考えてもいいでしょう。

少子化からか学資保険(子供保険)の販売は伸びている -学資保険の特徴-
学資保険は貯蓄性が高いとはいえ、支払う保険料総額が満期保険金の金額を上回ってしまいます。しかし毎月確実に積立てられるというメリットもあります。

また教育資金を準備するのであれば、貯蓄でもいいのですが、貯蓄では親に万一のことがあった場合に保障がありませんが、学資保険では親に万一のことがあった場合に保障されるので、それらを考慮して加入するかを考えましょう。

-学資保険のメリット-
・貯蓄性が高い
・契約者(親)が死亡した場合、それ以降の保険料が免除になり、満期までの育英年金の支給がされるものも多い

-学資保険のデメリット-
・保険料総額が満期保険金の金額を上回る

学資保険としては郵便局の簡易保険の「学資保険」が代表的ですが、保険会社によって内容はさまざまですので、各保険をよく比較検討することが大切です。



生命保険見直しは専門家に相談

生命保険ドットコムは、全国のFPに無料で生命保険選びの相談ができる♪