生命保険料の払い込み方法


生命保険の払込み方法についての説明 生命保険保険料の払い込み方法にはいくつかあり、保険契約者が払い込み方法を選択できますが、保険会社によっては取り扱っていない払い込み方法もありますので、事前に確認しておきましょう。

-生命保険料の払い込み方法-

月払い
決められた保険料を毎月支払います

半年払い
決められた保険料を年に2回支払います

年払い
決められた保険料を年に1回支払います

ボーナス併用
月払いに加え、ボーナス月(通常年2回)に保険料を増額して支払います。月払いの保険料負担が軽減できます

前納
あらかじめ数回分の保険料を支払います(⇒前納

一時払い
保険期間すべての保険料を一括でまとめて支払います(⇒一時払い

保険料は払い込み方法によって割引率が違いますので、その時の金利や貯蓄と相談しながら、少しでもお得で、無理のない、自分たちに合った払い込み方法を選択しましょう。

-払い込み期月-
契約応当日の属する月の1日から末日までのこと

-払い込み期間-
実際に保険料を払い込む期間のことで、必ずしも保険期間と一致するとは限りません(短期払いなど)

-払い込み猶予期間-
保険料の払い込み期間経過後も、一定の期間は保険契約の効力を失うことのない期間のことです(保険会社や商品によって異なります)

-払い込み免除-
被保険者が不慮の事故で、その日から180日以内に、保険会社が定めた約款(やっかん)に該当する所定の身体障害状態になると、後の保険料払い込みが免除されます