ニッセイがん保険EX


日本生命のニッセイがん保険EXは、がんに対するさまざまな保障を終身にわたり確保する保険です。

-ニッセイがん保険EXの特徴-
がんと診断確定された場合、「がん診断給付金」をお支払いします
被保険者が初めてがんに罹患したと診断確定された場合に、被保険者お一人様につき、保険期間を通じて1回のみお支払いします。

がん入院給付金は、がんを直接の原因として入院された場合で、かつ、がんと診断確定された場合、入院1日目からお支払いします
がん以外の原因(例えば骨折)で入院され、その入院中にがんと診断確定された場合は、がんと診断確定された日以降の入院について、がん入院給付金をお支払いします。

がん入院給付金のお支払対象となる入院は、がんを直接の原因とすること、治療を目的としていることなど所定の入院であることを要します。

がん手術給付金・がん退院後療養給付金はお支払回数に制限なくお支払いします
・がん手術給付金は、がんを直接の原因とする手術を受けられた場合にお支払いします。また、がん手術給付金のお支払対象となる手術は、約款(やっかん)に定める範囲に限定されます。

・ がん退院後療養給付金は、がん入院給付金のお支払対象となる入院を20日以上継続した後に保険期間中に生存退院したときにお支払いします。なお、退院後10日以内に、がん死亡(高度障害)給付金・死亡(高度障害)給付金・がん入院給付金のいずれかの支払事由に該当された場合、支払うべき金額から所定の金額を差引きます。

家族型を選択された場合、大切なご家族も同時に保障が得られます
・ がん退院後療養給付金は、がん入院給付金のお支払対象となる入院を20日以上継続した後に保険期間中に生存退院したときにお支払いします。なお、退院後10日以内に、がん死亡(高度障害)給付金・死亡(高度障害)給付金・がん入院給付金のいずれかの支払事由に該当された場合、支払うべき金額から所定の金額を差引きます。

終身にわたって、充実の保障が続きます
・ただし、主たる被保険者について、がん高度障害給付金または高度障害給付金が支払われた場合、保険契約(ご本人の保障・ご家族の保障)は消滅します。

・ご加入に際しては、告知だけで医師の診査の必要はありません(ただし、給付日額や年齢等、お申込み内容によっては医師の診査が必要となる場合があります)。

・掛捨ての保険ではなく、解約返戻金(解約払い戻し金)があります。

・ ニッセイ保険口座のお取引量に応じて、はいるほど割引制度の適用があります(バラバラだった保険をニッセイ保険口座でひとつにまとめると、たくさんのメリットを受けられます)。

・ プラチナステージの場合:5%割引
・ ゴールドステージの場合:3%割引

-上皮内がん等の初期のがんから幅広く保障します-
ただし、責任開始日からその日を含めて90日の間にがんと診断確定された場合(または責任開始日の前日以前にがんと診断確定されていた場合)、保険契約は無効となり、給付金はお支払いしません。

* 「がん」とは、所定の悪性新生物をいいます。

* 診断確定とは、医師によって、病理組織学的所見(生検)により、がんに罹患したとの診断が確定することをいいます。

* 責任開始日とは、当社がご契約をお引受けすることを承諾した場合にご契約上の保障を開始する日のことで、第1回保険料相当額のお払込みおよび告知がともに完了したときをいいます。