給付制限・条件付契約


給付制限・条件付契約とは、生命保険を契約する際、被保険者の健康状態が保険会社が規定する所定の基準に適合しない場合に、特定の条件を付加されて契約することです。

-給付制限・条件付契約で契約した場合-
・一定期間に限り、受け取れる保険金(給付金)の額が減額される(不慮の事故や感染症は除く)
・一定期間または全期間に渡って保険料が割増される
・契約時の健康状態に関連する、特定の疾患などは保険金支払いから対象外とされる