自動振替貸付


自動振替貸付とは、保険契約者保険料の払い込みを滞り、一定の期間を過ぎた契約に対して、その契約を失効させないために、解約返戻金(解約払い戻し金)がある場合にその範囲内で、保険会社が自動的に保険料を立て替え、契約を有効に継続させる制度のことで、保険料振替貸付制度とも呼ばれています。

生命保険は保険料を長期に渡って支払っていかなければならないので、保険料を支払えない事情がでてくることもあり、その場合に契約が即座に失効すると、契約者にとって大きな不利益を被ることになるため、この自動振替貸付の制度が設けられたのです。

契約時にこの自動振替貸付の制度を利用するかは、あらかじめ聞かれていることがほとんどですが、もちろん、自動振替貸付を受けた後でも、契約の継続を希望しない場合は、一定期間内に解約、または延長(定期)保険・払済保険への変更手続きをすれば、自動振替貸付はなかったものとすることもできます。

しかし、立て替えられる保険料には所定の利息が加算されますし、立て替えた保険料とその利息が解約返戻金を上回る場合は保険料の立て替えができず、契約は失効してしまいます。また保険の種類によっては利用できない場合もありますので、確認しておきましょう。

※ 解約したい場合に保険料を支払わないでいても、この自動振替貸付により、解約返戻金が自動的に振り返られ、解約返戻金が戻ってこないことになる場合もありますので、解約したいときは必ず所定の手続きを行うようにしましょう。