据え置き


生命保険における据え置きとは、満期保険金や死亡保険金、または学資保険(子供保険)の祝い金などを受け取れるにもかかわらず、すぐには受取らずに保険会社にそのまま預けておくことです。

-生命保険における据え置きの特徴-
・生命保険会社に据え置いている間は所定の利率で運用される(運用利率は保険会社や据え置き期間によって違います)
・引き出し手数料なしで、一部または全額をいつでも引き出すことができる
・受取った保険金を銀行に預けた場合、利息に対して20%の源泉分離課税が課せられるのに対し(所得税の雑所得扱いで確定申告が必要)、年間20万円以下であれば、申告は不要で実質非課税

このように生命保険における据え置きはメリットが大きいのですが、保険会社によって、最長据置期間や最低据置金額を設けている場合もありますので、確認しておきましょう。