生命保険料控除


生命保険料控除についての説明 生命保険料控除とは、生命保険保険料を支払った場合に、一定の額がその年の契約者の所得から控除されることで、生命保険料控除の分だけ税金のかかる所得(課税所得)が減り、住民税と所得税が軽減されます(生命保険料控除には、一般の生命保険料控除と、個人年金保険料控除があります)。

-生命保険料控除の対象となる契約-
保険金などの受取人が、契約者本人・配偶者・子供・親族
・保険期間が5年未満の貯蓄保険や財形貯蓄制度に利用される保険は対象外

-生命保険料控除の対象となる保険料-
・その年の1月1日から12月31日までに払い込まれた保険料
・契約者配当金を差し引いた金額

-生命保険料控除額の計算方法-
・年間保険料2万5千円以下⇒支払額全額
・年間保険料2万5千円超~5万円以下⇒支払い額÷2+1万2500円
・年間保険料5万円超~10万円以下⇒支払い額÷4+2万5000円
・年間保険料10万円超⇒一律5万円

以上の控除額を、生命保険と個人年金、別々に計算し、合計したものが生命保険料控除額となりますので、最大で10万円の生命保険料控除が受けられます。