責任準備金


責任準備金についての説明 責任準備金とは、保険会社が将来の保険金などの支払いに備えて、保険契約者から集めた保険料や運用収益の一部を積立てている準備金のことで、保険業法で責任準備金は保険の種類ごとに積立てが義務付けられています(代表的な責任準備金には平準純保険料式とチルメル式の2種類があります)。

貯蓄性のある養老保険などは責任準備金を高めに、掛け捨てである定期保険は低めに積み立てられ、保険期間(保障期間)の前半よりも、後半の方が死亡率や発病率が高くなるので、前半のうちに積み立てをして保険会社が将来に備えているのです。

また万一、生命保険会社が破綻してしまった場合、保険金・満期保険金解約返戻金(解約払い戻し金)などは、生命保険契約者保護機構によって責任準備金の9割まで補償されることになっています(1割は保障されない可能性はあるということです)。