免責期間


生命保険の免責期間について 免責期間とは、保険会社が保険金(給付金)の支払いを免除される期間のことで、被保険者が自殺した場合や、医療保険などでの入院保障でこの免責期間が設定されています。

-自殺した場合の免責期間-
被保険者が自殺した場合、多くの保険会社が
責任開始日の日からその日を含めて2年(3年)以内の被保険者の自殺により被保険者が死亡したときは死亡保険金を支払わない」と免責期間を定めています。

ということは、この免責期間を過ぎて自殺した場合は保険金が支払われるということですが、裁判によってはこの免責期間を過ぎていても、保険金の支払いが認められないというケースもあり、依然と難しい問題となっています。

-入院した場合の免責期間-
近年では「入院1日目から保障」という医療保険(入院特約など)も増えていますが、「入院○日目から支払いスタート」などと免責期間が定められていることがほとんどなので、よく確認しておきましょう。