生命保険契約者保護機構


生命保険契約者保護機構とは、1998年12月に保険業法に基づいて設立された、生命保険会社が万一破たんした場合に、その保険会社に代わって保険契約者を保護する機関で、国内で事業を営む生命保険会社はこの生命保険契約者保護機構に加入することが義務付けられています。

生命保険会社が破綻した場合には、その保険会社での契約は生命保険契約者保護機構によって保護され、生命保険契約者保護機構が破綻会社の保険契約を引き継ぐ救済保険会社への資金援助を行うことにより、保険契約者の保護を図り、仮に救済保険会社が現れなかった場合は、破綻会社の保険契約を生命保険契約者保護機構自らが引き受けます。

保険契約者の保護を図るとはいえ、保護されるのは破綻時の責任準備金の9割までで、保険金満期保険金解約返戻金(解約払い戻し金)などについては、契約した金額に対して9割までが補償されます。

生命保険契約者保護機構