払い済み保険


生命保険における
払い済み保険とは、保険料の支払いが困難になった場合に、保険料の払い込みを中止して、保障を残す見直す方法で、その時の解約返戻金(解約払い戻し金)をもとに、保険期間を変更せずに保険金額(保障額)を抑えて保障を継続する方法です(⇔延長保険)。

生命保険は契約期間が長いため、途中で保険料の支払が困難になることもあるので、この払い済み保険の制度を利用し、保険金額(保障額)も少なくなりますが、変更前と同じ期間の保障を受けることができるのです。

しかし、解約返戻金が少ない場合は払い済み保険を利用できないこともあり、特約を付加していた場合には、その特約は消滅します。

また払い済み保険を利用した場合でも、保険会社や保険の種類によっては、一定の条件を満たせば元の契約に復旧することもできる場合もあります。