必要保障額


生命保険の必要保障額についての説明 生命保険における
必要保障額とは、「被保険者に万一何かあった場合に、残された遺族が生活していくために必要とする金額(生活費・教育費など)」のことで、公的年金や預貯金、残された遺族の収入などを差し引いて算出され、生命保険に加入する場合は、この必要保障額を目安に死亡保険金額などを設定するのです。

もちろんこの必要保障額はすべての人が違い、子供が小さかったり家族が多ければ必要保障額も多くなりますし、ライフステージによっても必要保障額は変化していきますので、よく考え、慎重に設定する必要があります。