保険業法


保険業法についての説明 保険業法とは、保険会社(生命保険会社・損害保険会社)の健全な運営、公正な保険の募集によって保険契約者を保護するために1900年に公布された法律で、保険会社はこの保険業法に基づいて事業を行い、金融庁が監督・規制・指導を行っています。

-保険業法の流れ-
・1900年に制定・公布
・1939年に抜本的な改正
・1995年に全面改正され1996年に新保険業法として施工され、自由化・規制緩和され、相互会社から株式会社への組織変更が可能となり、禁止されていた生命保険業と損害保険業の相互参入が、子会社を設立することにより可能となりました。

※ 簡易保険・JA共済・消費生活協同組合の共済・日火連の共済はそれぞれ別の法律で管理、監督されています。