生命保険仲立人


生命保険仲立人についての説明 生命保険仲立人とは、保険会社から独立した存在で、顧客と保険会社の間に立って保険契約締結の媒介を行う者のことで、いわゆる保険代理店や営業職員(セールスレディ等)とは違い、保険会社からの委託を一切受けず、公平・中立な立場で保険契約の媒介を行うことから保険ブローカーとも呼ばれています。

生命保険仲立人は、公平・中立な立場とされていますが、実際には顧客の委託を受けて、保険料や保障内容等について保険会社と直接交渉を行い、顧客に最適な保険契約締結の媒介を行うのです。

1996年(平成8年)4月1日、新保険業法により保険仲立人制度がスタートし、日本保険仲立人協会が実施する試験で判断され、金融再生委員会に登録した上で営業できますが、登録に関しては保険募集業務を的確に遂行できる能力を有することが必要となります。