逆ザヤ


生命保険における逆ザヤとは、生命保険会社の運用利回りが予定利率を下回ることで、運用利回りが予定利率を上回れば配当金として契約者に分配されますが、運用利回りが予定利率を下回り、「逆ザヤ」の場合は配当金は支払われず、逆ザヤで生じた損失は生命保険会社が負担することになります。

生命保険会社は多くの保険契約者から集めた保険料を、国債や株式に投資して資産運用していますが、その資産運用が上手くいかない場合がいわゆる「逆ザヤ」となり、経営難に陥り、経営破綻することもあるのです。

もちろん経営破綻しても生命保険契約者保護機構により、保険契約者は保護されますが、全額が保護されるわけではないので、生命保険に加入する場合は、保険会社の経営状態を調べておくことも必要かもしれません。

ちなみに常識通りの運用利回りのことを「順ザヤ」といいます。