生前給付型保険


生前給付型保険についての説明 生前給付型保険とは、特定の疾病(がん・急逝心筋梗塞・脳卒中)と診断され、一定の状態になった場合に限り、生存している被保険者保険金(死亡保険金と同額の保険金)が支払われる保険のことで、いわゆる三大疾病保障保険(特定疾病保障保険)・リビング・ニーズ特約がこの生前給付型保険にあたります。

生前給付型保険は、保険金が支払われた時点で契約が終了し、支払われた保険金は非課税扱いとなります。