生死混合保険


生命保険の生死混合保険についての説明 生死混合保険とは、死亡保険生存保険を組み合わせた生命保険のことで、被保険者が保険期間中に死亡、または高度障害状態になった場合には死亡または高度障害保険金が支払われ、被保険者が保険期間の満了まで生存していた場合には満期保険金が支払われます。

分かりやすく説明すると、期間満了まで生きていても、期間満了途中で死亡してしまったとしても、同額の保険金が支払われるのです。いわゆる養老保険がこの生死混合保険の代表です。

-生死混合保険の特徴-
・死亡保険金と満期保険金は同額
・死亡保障と貯蓄性の両方を兼ね備えている
・途中で解約してしまうと支払った保険料の総額よりも解約返戻金(解約払い戻し金)が少なくなる
・低金利の場合、資産運用としては期待できない



生命保険見直しは専門家に相談

生命保険ドットコムは、全国のFPに無料で生命保険選びの相談ができる♪