保険の分類


保険を大きく分類すると、「第一分野」「第二分野」「第三分野」に分けられます。

-第一分野-
第一分野は、人の生存または死亡に関わる保険で、いわゆる生命保険はこの第一分野に分類されます。

死亡保険生命保険は第一分野
生存保険
生死混合保険
終身保険
定期保険
養老保険
個人年金保険
学資保険(子供保険)

日本生命・第一生命・住友生命・明治安田生命・三井生命・ソニー生命・プルデンシャル生命・東京海上日動あんしん生命、などが主にこの第一分野の保険を扱っています。

-第二分野-
第二分野は、偶然の事故や災害によって、財産に関する損害に支払われる保険で、いわゆる損害保険がこの第二分野に分類されます。

・自動車保険
・火災保険自動車保険は第二分野
・地震保険
・店舗総合保険
・団地保険
・海上保険
・自賠責保険
・任意保険
・所得補償保険
・賠償責任保険
・瑕疵保証責任保険
・傷害保険
・ゴルファー保険

東京海上日動・三井住友海上・損保ジャパン・日本興亜損保・あいおい損保・AIU・ニッセイ同和、などが主にこの第二分野の保険を扱っています。

-第三分野-
第三分野は、いわゆる第一分野(生命保険)と第二分野(損害保険)の中間に位置し、どちらにも属さない保険で、主に人の病気・ケガ・介護などの「医療」に対して支払われる保険が第三分野に分類されます。

また、第三分野は生命保険会社、損害保険会社のどちらでもが扱うことができることから、近年急速に加入者が増加し、普及しています。
医療保険は第三分野
医療保険
がん保険
民間介護保険
三大疾病保障保険

アメリカンファミリー生命・アリコジャパンなどが主にこの第三分野を扱っています。

しかし実際には、第一分野の保険を扱っていた保険会社が第三分野の保険を扱ったり、第二分野の保険を扱っていた保険会社も第三分野の保険を扱うことができるので、境目が曖昧になってきていることも確かです。



生命保険見直しは専門家に相談

生命保険ドットコムは、全国のFPに無料で生命保険選びの相談ができる♪