死亡保険


人が死亡した時に保険金が支払われる死亡保険 死亡保険とは、人が死亡、または高度障害状態になってしまった場合に限り、保険会社から保険金が支払われる生命保険で、主契約の中でもっとも需要があり、一般的な生命保険です。

また、生命保険でいう「死亡」とは、両眼を失ったり、両腕を失うなどの、重度の障害、いわゆる「高度障害」も含まれ、このような非常に重い障害状態になった場合には経済的に死亡したとみなされ、死亡保険金と同額の保険金が支払われます。

-死亡保険の特徴-両腕を失うなどの高度傷害になっても死亡保険金は支払われる
死亡保険は大きく定期保険終身保険養老保険の3つに分けられますが、もっとも多く契約されている死亡保険は終身保険に定期特約を付けた定期付終身保険です。

また、死亡保険は死亡したときに支払われる保険金ですので、基本的に家族を養っている方にとってはとても必要性がありますが、若くて家族を養っていない場合にはそれほど必要性はありません。

また保険金はあらかじめ定められた保険金受取人に支払われ、保険金が支払われた時点で契約は終了します。



生命保険見直しは専門家に相談

生命保険ドットコムは、全国のFPに無料で生命保険選びの相談ができる♪