ガン保険


アクサ生命の
ガン保険は、ガンによる入院・手術・退院接寮費・死亡等の重点保障が確保できる保険です。

-ガン保険の特徴-
最初に入院した日から2年以上経過していれば(*)、何度ガンで入院しても「ガン治療給付金」をお受取りいただけます。
(*「ガン治療給付金」の支払われることとなった最終の入院の開始日からその日を含めて2年以内に「ガン治療給付金」の支払事由に該当された場合には、お受取りいただけません。)

「ガン入院給付金」には保障日数の制限がありません。

ガン保険には「定期タイプ」と「終身タイプ」から選べる「I型」、被保険者が保険期間満了時に生存していた場合に生存給付金をお支払いする「II型」(「定期タイプ」)の2つの型があり・計3種類からお選びいただけます。

「ガン保険配偶者特約」を付加されますと、奥様への保障がプラスされます。

-ガン保険の給付内容-
ガン入院給付金
ガンと診断確定され入院された場合
・ ガン入院給付金日額 x 入院日数
・ 入院限度日数無制限

ガン手術給付金
ガンで手術を受けられた場合
・ ガン入院給付金日額 x 40倍・20倍・10倍(手術の種類に応じて)

ガン治療給付金
ガンの診断確定を受け治療のために入院を開始された場合
・ ガン入院給付金日額 x 50倍

ガン退院給付金
ガンで継続20日以上の入院をし生存して退院された場合
・ ガン入院給付金日額 x 10倍

ガン死亡保険金
ガンで死亡された場合
・ ガン入院給付金日額 x 100倍

死亡保険金
ガン以外で死亡された場合
・ ガン入院給付金日額 x 10倍

生存給付金
(Ⅱ型のみ)
保険期間満了時点で生存されている場合

・ この保険には保険料払込免除のお取扱いがあります。
・ 定期タイプで保険期間が年満期の場合、ご契約を自動的に更新することができます
・ この保険は仕組の上で満期保険金・配当金がなく、その分だけ保険料が安くなっています。
・ この保険には契約者貸付制度・払済保険のお取扱いはありません。

-ガン保険の特約-
ガン保険配偶者特約を付加されますと

ガン死亡保険金
ガン治療給付金
ガン手術給付金
死亡保険金
ガン入院給付金
ガン退院給付金

主契約の被保険者の配偶者に対して保障されます。

・ 上記保険金・給付金の受取人は主契約の被保険者となります。
・ 上記に規定する支払事由に該当する場合であっても、この特約の被保険者がこの特約のガン給付責任開始期前にガンと診断確定されていたときには、保険金等を支払いません。
・ この特約の「ガン死亡保険金」または「死亡保険金」が支払われる際、この特約の払いもどし金額が保険金額をこえる場合は、払いもどし金相当額をお支払いします。
・ 被保険者は、特約締結の際に、主契約の被保険者と同一戸籍にその妻として記載されている方となります。ただし戸籍上の異動で同一戸籍でなくなった場合はこの特約の被保険者でなくなります。

-ガン保険の保険料-
(最低入院給付金日額) 10,000円より
(保険期間) 10年[定期]、終身
(保険料払込期間) [定期]・10年
[終身]・55歳・60歳・65歳・70歳払込満了、終身払
(保険料払込方法) 口座振替月払(*)・半年払・年払
      (*)口座振替月払については他の商品を含めて同一口座からの合計保険料が3,000円以上からのお取扱いとなります。



生命保険見直しは専門家に相談

生命保険ドットコムは、全国のFPに無料で生命保険選びの相談ができる♪