所得税の対象となる保険金(給付金)


生命保険の所得税についての説明 所得税の対象となる保険金(給付金)にはいくつかありますが、基本的に1度に全額受け取る場合は一時所得、年金方式のように数回に分けて受け取る場合には雑所得が課税されます。

-所得税の対象となる場合-
保険契約者と保険金(死亡保険金・満期保険金解約返戻金(解約払い戻し金)・祝金・生存給付金・個人年金保険の年金)の受取人が同一人の場合、所得税が課税されます。

死亡保険金の場合は・・・

保険契約者(夫)-被保険者(妻)-保険金受取人(夫)

これらは保険を通して財産を増やしたとみなされるので所得税の対象となるのです。



生命保険見直しは専門家に相談

生命保険ドットコムは、全国のFPに無料で生命保険選びの相談ができる♪