贈与税の対象となる保険金


生命保険の贈与税についての説明 贈与税の対象となる保険金にはいくつかありますが、贈与税は税率が高いので多くの場合支払う税金が高くなるので、可能であるならば受取人を変更するなどして、相続税所得税の対象となるようにするようにしましょう。

-保険契約者、被保険者、死亡保険金受取人のすべてが異なる場合-
保険契約者(夫)-被保険者(妻)-保険金受取人(子供)

-保険契約者と満期保険金の受取人が異なる場合-
保険契約者(夫)-保険金受取人(妻や子供)

養老保険などの満期保険金が受取れる保険で、保険契約者と満期保険金受取人が異なる場合は、満期保険金に贈与税が課税されるのです。

-保険契約者と個人年金保険の年金の受取人が異なる場合-
保険契約者(夫)-年金受取人(妻や子供)

この場合は贈与税だけでなく、所得税(雑所得)も課税されてしまいますので大変です。

以上のように保険契約者(保険料負担者)と保険金の受取人が違うということは、保険金という財産を贈与していることになるので、贈与税の課税対象となるのです。




   生命保険選び、生命保険の見直しで悩んでいませんか?

生命保険ドットコムでなら、全国のFP(ファイナンシャルプランナー)に無料で生命保険選びの相談ができるので、時間をかけずに自分(家族)に最適な保険選びが出来ますよ。

         損しない賢い生命保険選びは・・・