生命保険とは


生命保険とは事故や災害などによって、死亡・病気・ケガ・障害・失業・賠償責任など、将来万一の経済的損失(リスク)に備えて“人”にかける保険のことで、いわゆる“物”にかける保険は損害保険(火災保険・地震保険・自動車保険)です。

生命保険は自分に対する備えの一面がある-生命保険の特徴-
生命保険の大きな特徴は「生」と「死」、どちらも対象にして いることで、死亡したりケガした時だけではなく、生存していた場合に限って支払われる生命保険もあるのです(個人年金保険貯蓄保険など)。

-生命保険の種類-
生命保険は大きく分けると契約の基本となる部分、死亡保険生存保険生死混合保険の3種類に分類され、これらを主契約といい、多くの場合この主契約に、個人が選択して追加できるさまざまなオプション、特約を加えた形で成り立っています。

生命保険=主契約+特約

生命保険が難しい、分かりづらいと思われるのは、このように主契約と特約を組み合わせることによって、複数のバリエーションがあり、各保険会社がさまざまな名前を付けて販売しているからです。

-生命保険に加入する目的-
生命保険に加入する目的は人それぞれですが、「自分のための備え」と「家族のための備え」に大きく分けることができます。生命保険は家族に対する備えの意味もある

生命保険に加入することで、入院・手術・死亡した場合に保障が受けられ、経済的損失を補うことができるのです。

また、将来万一の場合のリスクに備える手段としては貯蓄がありますが、自己管理で貯蓄をしていくのは難しい場合もありますし、さまざまなリスクに対して貯蓄だけでは経済的損失を補えないことが多いのも現実なのです。

このように生命保険は、自分はもちろん、家族の生活を守る保障の一つの手段です。自分や家族にとって必要な保障は何なのかを考え、さまざまな保険会社の内容を比較・検討し、加入することが大切になってきます。




生命保険見直しは専門家に相談

生命保険ドットコムは、全国のFPに無料で生命保険選びの相談ができる♪