延長保険


生命保険における
延長保険とは、保険料の払い込みを中止して保障を残す見直す方法で、その時の解約返戻金(解約払い戻し金)をもとに、それまでの保険金額(保障額)を変更しないで死亡保障を定期保険として継続する方法です(⇔払い済み保険)。

生命保険は契約期間が長いため、途中で保険料の支払が困難になることもあるので、この延長保険の制度を利用し、保険期間は短くなりますが、保険金額(保障額)は変わらず、それ以降の保険料の支払いは免除されるのです。

また、延長保険の保険期間は解約返戻金をもとに計算され、保険期間がもとの期間を超える場合は、もとの保険期間までとなり、満了時に生存給付金が支払われ調整され、特約を付加していた場合には、その特約は消滅します。



生命保険見直しは専門家に相談

生命保険ドットコムは、全国のFPに無料で生命保険選びの相談ができる♪