生命保険と税金

生命保険の保険金や給付金を受け取る場合には、税金(所得税(一時所得・雑所得)・贈与税・相続税)が課税される場合があります。例えば同じ死亡保険金だとしても、保険契約者と保険金受取人や被保険者の関係によって、課税される税金の種類も違ってくるのです。課税される税金によっては、せっかく保険金を受け取れたとしても、ほとんどが税金に持っていかれることもありますので、契約前に、保険金を受け取る場合にはどの税金が課税されるのかをよく確認しておきましょう。また保険料を支払う場合には、生命保険料控除の対象になり、支払った保険料の一部は戻ってきますので、申告を忘れないようにしましょう。

生命保険と税金一覧

課税対象となる保険金(給付金)
生命保険にはさまざまな税金(所得税・相続税・贈与税)が課税されますし、また受け取る保険金(給付金)の種類や契約形態によって課税されない場合や、課税される税金の種類も異なりますので注意しましょう。
非課税となる保険金(給付金)
保険のなかでも、身体の障害・病気・ケガにかかわる保険金(給付金)などは非課税となるものもあります。
死亡保険金の受け取り方法と税金
死亡保険金を受け取る場合でも、保険契約者・被保険者・保険金受取人の関係によって、税金の種類(所得税・相続税・贈与税など)も異なってきます。
贈与税の対象となる保険金
贈与税の対象となる保険金にはいくつかありますが、贈与税は税率が高いので多くの場合支払う税金が高くなるので、可能であるならば受取人を変更するなどして、相続税や所得税の対象となるようにするようにしましょう。
所得税の対象となる保険金(給付金)
所得税の対象となる保険金(給付金)にはいくつかありますが、基本的に1度に全額受け取る場合は一時所得、年金方式のように数回に分けて受け取る場合には雑所得が課税されます。
個人年金保険の年金と税金
個人年金保険の年金を受け取る場合には、保険契約者と保険金受取人の関係によって、所得税や贈与税、またはどちらも課税されることにもなります。贈与税は所得税などに比べて税率が高いので、できるだけ贈与税の対象にならないような契約にしたいものです。
生命保険料控除
生命保険の保険金(給付金)にはさまざまな税金が課税される場合がありますが、逆に保険料を支払う場合には生命保険料控除の対象になり、支払った保険料の一部は戻ってきます。
解約返戻金にも税金はかかるの?
解約返戻金(解約払い戻し金)を受け取る場合には税金がかかります。解約返戻金は保険契約者が受け取るので、所得税(一時所得)の対象となるのですが、生命保険の5年以内の解約については、源泉分離課税の対象となりますので注意しましょう。
一時所得
一時所得とは、その名の通り一時的な所得と認められる所得のことで、サービスや販売など営利を目的とする継続的行為から生じる所得や、労務、役務に対する対価・報酬ではなく、また資産の譲渡等による対価でもない、一時的な性質をもった所得のことです。
雑所得
雑所得とは、給与所得や不動産所得など、税法上9種類に分類された所得のいずれにも該当しない所得のことで、年金や恩給、放送出演料・印税・講演料・為替差益などが雑所得に該当します。
所得税
所得税とは、個人の所得に対してかかる税金、法人税と並んで日本の租税体系の中心となる国税のことで、給料所得などの収入から経費等を差し引いた利益から、各種控除を差し引いた残額に対して所得税が課税されます。
相続税
相続税とは、亡くなった人の財産を相続により取得したときや、遺言によって財産を取得、遺贈したときにかかってくる税金(国税・資産税)のことで、取得した財産が一定額以下であれば、相続税は課税されず、申告の必要もありません。
贈与税
贈与税とは、個人から贈与された財産(土地・建物・現金・宝石など)に対してかかる税金で、財産の種類に制限はなく、相続税と同じく財産を取得したものが納税義務者となります。