生命保険の特約

生命保険は各保険会社にって名称が各々異なりますが、実際には基本となる主契約に特約といわれるさまざまなオプションを付加し、販売しています。ここではその特約の種類を紹介しています。しかし特約はあくまでも主契約を補う部分ですので、主契約が消滅すれば同時に特約もなくなりますし、特約だけでの契約もできません。また、あれもこれも補いたいからと複数の特約を付加すれば、当然保険料も高くなりますので、本当に補いたい部分だけを付加するようにしましょう(特約にはさまざまな種類がありますが、保険の種類によって付加できる場合とできない場合がありますし、実際には同じ内容の特約でも保険会社によっては名称が異なることも多いので、ご契約のしおりや約款などで事前に確認しましょう)。

生命保険の特約一覧

定期特約
定期特約とは、定期保険の特約版ですが、特約のため、同じ保障額の定期保険に加入するよりも保険料が割安で、一定期間の保障を手厚くすることができます。
逓増定期特約
逓増定期特約(ていぞうていきとくやく)とは、逓増定期保険の特約版で、保険料は全期間を通じて一定ですが、保険期間の経過により、一定の割合で保障額が増えていく特約です。
逓減定期特約
逓減定期特約とは、逓減定期保険の特約版で、保険料は全期間を通じて一定ですが、保険期間の経過により、一定の割合で契約時からの保障額が減少していく特約です。
医療特約
医療特約とは、医療保険の特約版で、将来万一、事故や災害などでケガをしたり病気になった場合に、入院や手術費といった医療費(治療費)が保険会社から支払われる特約です。
傷害特約
傷害特約とは、不慮の事故や災害が原因で、その事故や災害の日から180日以内に死亡した場合や、法定・指定された伝染病により、その日から特約の保険期間中に死亡した場合に、災害保険金が死亡保険金に上乗せして支払われるという主契約に付加する特約です。
障害特約
障害特約とは、不慮の事故や災害、または法定・指定の伝染病に感染して死亡した場合に、主契約の死亡保険金に上乗せして災害死亡保険金が保険会社から支払われる特約のことです。
災害割増特約
災害割増特約とは、不慮の事故や災害、または法定・指定された伝染病により死亡・高度障害になった場合に、主契約の死亡・高度障害保険金に、災害割増保険金が割増して支払われるという主契約に付加する特約です。
収入保障特約
収入保障特約とは、収入保障保険の特約版で、保険期間内に被保険者が死亡または高度障害状態になった場合に、一時金ではなく、年金方式で毎年、または毎月一定の死亡保険金が受取人に支払われる特約です。
成人病入院特約
成人病入院特約とは、「がん」「脳血管疾患」「心疾患」「高血圧性疾患」「糖尿病」の、いわゆる五大成人病で入院した場合に限り、入院給付金が保険会社から支払われる特約のことです。
がん入院特約
がん入院特約とは、ガンで入院した場合に限り、保険会社から入院給付金が支払われる特約のことで、保険会社によっては、がんと診断されたときは診断給付金、手術をしたときは手術給付金、死亡したときは死亡保険金が割増されて支払われるタイプもあります。
長期入院特約
長期入院特約とは、事故や災害などで、ケガや病気で長期入院した場合に、入院日数よって給付金や一時金が支払われる特約のことです。長期入院の日数については125 日・180 日・270日以上など保険会社によって内容が違いますので確認しましょう。
災害入院特約
災害入院特約とは、不慮の事故や災害などでケガをして入院した場合に、保険会社から入院給付金が支払われる特約のことで、疾病入院特約とセットで付加される場合が多いようです。
通院特約
通院特約とは、入院給付金の支払い対象となるケガや病気で入院し、退院後もそのケガや病気の治療目的のために通院をした場合に、通院給付金が支払われる特約のことで、入院をしない通院では通院給付金は支払われません。
退院特約
退院特約とは、ケガや病気で入院給付金の支払い対象となる入院をした後、生きたまま退院すると保険会社から退院給付金が支払われる特約のことで、死亡による退院は支払いの対象になりません。
手術特約
手術特約とは、事故や災害などでケガをしたり、病気になった場合に、一定の手術をしたときに給付金が支払われる特約のことで、医療保険や疾病入院特約に手術費用(手術給付金)が含まれていない場合、この手術特約を付けることによって、保障をカバーします。
疾病入院特約
疾病入院特約とは、病気で一定の期間以上継続して入院した場合に、入院給付金が保険会社から支払われる特約のことで、保険会社によっては、所定の手術をした場合に、手術給付金が支払われるタイプもあります。
三大疾病特約
三大疾病特約とは、「がん・心筋梗塞・脳卒中」のいわゆる三大疾病と診断され、一定の状態になった場合に限り、生存中に保険会社から死亡保険金と同額の特定疾病保険金が保険会社から支払われる特約のことで、これら三大疾病以外で死亡した場合には死亡保険金が支払われます。
女性疾病特約
女性疾病特約とは、「子宮体ガン・子宮頚ガン・卵巣ガン・子宮頚管ポリ-プ・乳ガン」など、女性特有の病気・疾病で入院した時に保険会社から給付金が支払われる特約のことです。
重度慢性疾患保障保険特約
重度慢性疾患保障保険特約とは、所定の重度慢性疾患(慢性腎不全・重度の高血圧症・糖尿病、肝硬変など)にかかった場合に、主契約の死亡保険金と同額の重度慢性疾患保障保険金が保険会社から支払われる特約のことです。
疾病障害保障定期保険特約
疾病障害保障定期保険特約とは、疾病が原因で所定の身体機能障害(眼・耳・上下肢・脊柱・呼吸器・心臓・腎臓・肝臓・小腸・代謝・骨盤内臓器)になった場合に、主契約の死亡保険金(高度障害保険金)と同額の障害保険金が保険会社から支払われる特約のことで、保険会社によっては「重度障害保障定期保険特約」とも呼ばれています。
生存給付金付定期特約
生存給付金付定期特約とは、定期保険に生存給付金がついた特約のことで、保険期間中に被保険者が生存している場合、一定期間ごとに生存給付金が保険会社から支払われ、保険期間中に被保険者が死亡、または高度障害になった場合には死亡保険金・高度障害保険金がそれぞれ支払われます。
高度先進医療特約
高度先進医療特約とは、公的医療保険制度の対象外となる、厚生労働大臣が認可した高度先進医療にあたる治療を受けた場合に、治療の種類に応じた給付金が保険会社から支払われる特約のことです。
特定損傷特約
特定損傷特約とは、不慮の事故などで骨折・関節脱臼・腱の断裂・靭帯損傷などの特定損傷の治療を受けた場合に、特定損傷給付金が支払われる特約のことです。
介護特約
介護特約とは、民間介護保険の特約版で、保険会社の定めた要介護状態になった時、またはその状態が一定期間継続した時などに(通常は180日以上継続)、介護給付金が民間の保険会社からが支払われる特約です。
介護保障特約
介護保障特約とは、保険会社の定めた要介護状態になった時、またはその状態が一定期間継続した時などに(通常は180日以上継続)、要介護状態が続く限り所定の期間、介護年金が民間の保険会社からが支払われる特約のことです。
家族特約
家族特約とは、被保険者の家族の死亡・高度障害も、同じ保険で保障する特約で、家族がそれぞれ別々に保険に加入するよりも保険料を安く抑えることができますが、被保険者が死亡した時点で、その保険の契約は終了し、その後は家族の保障はなくなりますので注意しましょう。
リビング・ニーズ特約
リビング・ニーズ特約とは、原因にかかわらず、被保険者の余命が一定期間内(通常6カ月)と判断された場合に、生存中に主契約の死亡保険金の一部もしくは全額が前払い請求ができる特約のことで、この特約は保険料不要、無料で付加することができます。