生命保険の基礎知識

生命保険には入っているけど、どのような状況になったら保障されるのか、どれほど保障されるのかなど、実際には分からない方が多いようです。そこで、まず生命保険とは何なのか?保険の分類としては生命保険はどの分野に入るのか?日本ではどれほどの人が加入しているのか?加入する目的、見直しのポイントは何なのかなど、生命保険に対しての基本的な知識を身につけましょう。

生命保険の基礎知識一覧

生命保険とは
生命保険とは事故や災害などによって、死亡・病気・ケガ・障害・失業・賠償責任など、将来万一の経済的損失(リスク)に備えて“人”にかける保険のことです。
保険の分類
保険を大きく分類すると、人の生死に関わる保険(生命保険)の第一分野、事故や災害など財産に関わる保険(損害保険)の第二分野、人の病気・ケガ・介護などの「医療」に対して支払われる第三分野に分けられます。
生命保険の加入率
日本における生命保険の世帯加入率は、「90%以上」といわれています。これは全世界を見渡しても、かなり高い数字となっています。世代別に見ると、当然若い世代よりも年代が高くなるにつれ加入率が高くなり、未婚者よりも既婚者、子供がいない夫婦よりも子供がいる夫婦の方が加入率は高いようです。
生命保険加入の目的
生命保険に加入する場合にもっとも大切なのは、「加入する目的を明確にする」ことです。もちろん保険に加入する目的は人それぞれ違いますが、大きく分けると「死亡保障」「医療保障」「老後保障」の3つに分類されます。
生命保険見直し時のポイント
生命保険を見直すということは、この若いときに加入した安い保険料を捨てて、高い保険料を払って生命保険に加入するということですので、まずはその点を踏まえておくことです。
主契約
主契約とは、生命保険の基礎となる部分で、具体的には死亡保険・生存保険・生死混合保険、さらに細かく分類すると医療保険・がん保険・三大疾病保険などがあり、生命保険はこれらに災害割増特約・長期入院特約・女性疾病特約などのさまざまな特約を付けて契約するのが一般的です。
特約
特約とは、生命保険の主契約に付加する、いわゆるオプション的な存在で、主契約だけでは補えない部分を補い、保障内容を充実させ、さまざまな人のニーズに対応する生命保険が組めるようにするためのものです。
生命保険料の払い込み方法
生命保険の保険料の払い込み方法にはいくつかあり、保険契約者が払い込み方法を選択できますが、保険会社によっては取り扱っていない払い込み方法もありますので、事前に確認しておきましょう。
生命保険料の支払方法
生命保険の保険料の支払方法にはいくつかあり、基本的には保険契約者が選択できますが、、保険会社や商品などによっては支払方法が限定されていることもありますので、加入する前に確認しておきましょう。
被保険者
被保険者とは、保険の補償を受けられる方、または保険の対象となる方のことで、具体的には、ご主人が死亡保険に加入している場合は、このご主人が被保険者となり、ご主人が死亡した場合は保険金受取人に死亡保険金が支払われます。
保険金
生命保険における保険金とは、被保険者に事故や災害などで、ケガ・病気・入院・手術・死亡などの損害が発生し、支払事由に該当した場合に、保険会社から被保険者、または保険金受取人に実際に支払われる保証金、お金のことで、給付金ともいわれています。
保険金受取人
保険金受取人とは、生命保険を契約した保険契約者が指定した「保険金(満期保険金・年金・死亡保険金)を受け取る人」のことで、“1人”ではなく、複数指定することもでき、被保険者の同意を得れば、契約後途中変更することが可能す。
保険契約者
保険契約者とは、保険者(保険会社)と保険契約を締結する人のことで、保険契約者には保険料の支払い義務があり、保険契約に関する全ての権限、例えば契約内容を変更・解約するなどの権利を持っています。
保険料
生命保険における保険料とは、保険加入者、または保険契約者が、保険会社に支払うお金のことで、掛け金とも呼ばれています。